★★

記事一覧(6)

素材

新しいミシンでの1作目は定番のパーカーとリクエストをたくさんいただいていたジーンズです。「素材」とタイトルをつけたので、素材について少しウンチクをと思ったのですが^^;パーカーについては、前回の記事で少し語らせていただきましたので、ジーンズについて・・・このジーンズに使っている生地は、岡山県産のセルヴィッチデニム。岡山でも児島ジーンズは超有名ですが、これは地域まではわかりません(;´▽`A``ですが、最近ではセルヴィッチといっても、すべてが国産ではなく、安価な海外製のものも出回っているようで、一概に、海外製=悪い とは言い切れませんが、やはりそれなりに手間暇かけて作られた国産デニムは、履きこむと違いがわかります。このデニムも生地の段階では、まったく別物の表情をしていました。艶があってバリバリの状態です(笑)それを水通しすることで、ある程度縮ませることもでき、少し柔らかくなり、絶妙なあたりが出るのでまた違った何とも言えない、いい表情になります。その後、裁断して縫製するのですが、その時もまだ、手やミシンが青くなるくらい色落ちします。完成後、再び水通しするのは、他のお洋服に色移りするのを避けるためと(それでも摩擦で色移りすることがあります)綿100%にこだわった、ステッチ糸とをなじませるためです。ボタンやリベット(ポケット口の金具)も手芸屋さんでは絶対に手に入らない(笑)ジーンズ専用のものを、専用の器具でとめているので、丈夫であることはもちろんですが、履きこむほどに、いい風合いになっていきます。ジーンズマニアの方から言わせると、隠しリベットじゃない、とかチェーンステッチじゃない、とか言われそうですが💦私が今できる、すべてのことを詰め込んだジーンズですので、良かったら履いてみてください。きっと、気に入って頂けると思います。